2019年9月20日金曜日

日本人に罪悪感が植え込まれた理由

昨日は日本がふたたび光を取り戻す必要という話をしました

そのためには日本に蔓延している罪悪感や自虐史観を払拭していく必要があります

日本人の心に深く植え込まれた罪悪感の理由の一つにはWGIPの存在があります

太平洋戦争でアメリカに敗れた日本には、マッカーサー率いるGHQがやってきます

GHQというのは長い名前になりますが連合国軍最高司令官総司令部の略称で、ようは敗戦した日本を占領する戦勝国側の組織になります

このGHQが日本を占領するうえで行った計画にウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(英語:War Guilt Information Program)略してWGIPというものがあります

これは「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」といわれるものです

文芸評論家の江藤淳という方がその存在を指摘しています

このWGIPによって日本人に「軍国主義者」と「国民」とを対立させる心理的な分断を植え込まれていきます

これによって戦争での苦しみや悪というものは、軍国主義者が行ったもので、国民は犠牲者だという対立構造が生まれます

実際には米軍が民間人に対して行った非道行為である原爆投下や、大都市への無差別爆撃も、悪いのは日本の軍国主義者だったという考えになり、アメリカは責任を問われずに済みます

その例として広島の原爆死没者慰霊碑に書かれている以下の文があります

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」

この文には主語が抜け落ちていて、「過ち」を起こした者は明確に誰か分かりません

文脈からするとその「過ち」を起こしたのは私たち日本人のように読み取れます

しかし、原爆を投下したのはアメリカ軍であり、民間人の住む地域に無差別殺戮を行ったのは日本ではなくアメリカです

この文には日本こそが悪くて、その代償として原爆投下があったという考えが背後に見えます

こうした考えはまさにWGIPの思惑通りということでしょう

日本人に罪悪感を植え込む計画のもとには、中国共産党が日本軍捕虜に対して行った洗脳工作があります

軍国主義への批判と、人民への同情を訴え続け、捕虜たちに反戦と罪悪感を植え付けることに成功した中国共産党のやり方を参考にしたといわれます

そうして戦後の日本には、軍国主義者が悪かったのだ、国民は犠牲者だという考えが浸透し、贖罪意識を植え付けられるようになります

このようにWGIPは成功し、いまだに日本のマスメディアや教育現場で影響を及ぼしています

しかし、GHQによって行われたWGIPが、日本人が罪悪感を深く抱いて、そこから抜け出せずにいる理由のすべてではありません

贖罪意識が日本人に深く浸透した理由には、日本人が持って生まれた日本人らしさが関係しています

日本人は古来より、和を大事にし、自ら謝ることで場を収める精神があります

たとえ自分に責任がなく、悪いとは言えない場合でも、素直に謝罪して、相手に誠意を見せることを良しとする精神が息づいています

古来の聖徳太子の定めた憲法十七条には最初に、「和を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ」と述べているほど、古来から日本人は和を大切にしてきた民族です

そのため、自分が悪い事をして居なくてもとりあえず謝ることが良いことだという考えがあります

外国では自分に責任が無かったり、悪いと思っていなければ、けっして謝ることはしないでしょう

戦後の日本に、いまだに深く罪悪感が植え込まれているのも、日本人の精神として、自分が悪かったと考えることが昔から浸透していたからとも言えます

しかし、国家でも個人でも、思いがどちらかに片寄りすぎると、失敗を犯すようになります

太平洋戦争に突入する前の日本は、慢心する傾向があってそれが悲劇の一因ともなったでしょうが、その対極の罪悪感や劣等感が強ければ、これもまた国や個人をダメにする考えとなります

自虐的な思考が強すぎると、自分をイジメる方向に進んで、実際に他人からの攻撃を引き寄せる傾向が出てきます

国家においても、自虐的な考えでいると、他国からの侵略を招いてしまう原因となります

そのためどちらかに片寄るのではなく、バランスが大切なのです

日本はいまだに罪悪感を抱え、自虐的な思考に偏りがちであるため、それが将来の危機を招いている原因になっています

もう敗戦の傷を癒して、自立した国家として生まれ変わる事こそ、日本に求められる本来の役目でしょう

日本はもういちど輝きを取り戻す必要があります

1 件のコメント:

  1. 日本は歴史のなかで、数多くの戦を経験してきていて、そのなかで、軍人対軍人、統治者対統治者の戦いとして、決して庶民を巻き込むことは無かった。それが太平洋戦争においては、アメリカは卑怯にも、家族、女性、子供の命までも…。まるでギャングと戦うヒーローが自分の家族を人質にとられたように…。

    返信削除