2020年5月11日月曜日

トランプ大統領は人身売買組織の撲滅に尽力


トランプ大統領が登場して力を発揮してるものには、メディアでほとんど伝えられないものがあります

その一つにペドファイル・リングの撲滅があります



いわゆる幼児等に対する誘拐、性的虐待などをまとめる犯罪ネットワークです

トランプ大統領はそうした組織を壊滅させるために、各省庁に指示を出し、防止強化に動いてきました

大統領は自身のツイッターで「性倒錯者に捕えられたこれらの行方不明の子供たちに対して何かしなければならない。あまりに事件が多すぎる。迅速な裁判、そして死刑が求められる」と述べています

アメリカでも年間に18歳未満の児童が行方不明になる件数は、年間約80万人といわれています

これはとんでもなく多い数字です

なかには事故などで行方不明なられたお子さんもおられたり、自ら家出する子供もいますが、その内には児童誘拐の犯罪ネットワークに捕まり、被害にあわれた方も多いでしょう

児童を誘拐し、性的虐待や、時に悪魔的な暴行を加える出来事が行われています

そうしたペドファイル・リングに属すると思われる大物の逮捕がありました

大富豪のジェフリー・エプスタイン被告です

彼はヴァージン諸島やカリブの島に自身の所有する島を持っており、そこに政財界の大物を招待し、未成年を交えた性的なおもてなしをしていたという情報があります

同氏は2019年に児童買春で逮捕されるのですが、拘置所内で首をつって自殺しています

彼についてはクリントン大統領とも親しく、その他の大物政治家とも繋がりがあったため、トランプ大統領でなければ逮捕はされなかった可能性があります

また、その自殺についても不審な点が多いのです

エプスタイン被告は自殺の可能性もあるため、本来であれば別の被告と2人部屋に収監し30分ごとの見回りもする予定だったはずなのに、何故か自殺した日には被告は1人で収監され、見回りも実施されていなかったと言われています

同氏の自殺は、買春をあっせんされた政財界の大物のスキャンダル隠蔽のために殺害されたのではないかとも言われています

エプスタインは前述の島に1000人以上の子供を連れていって、児童買収斡旋をしていたと言われ、実はもっと恐ろしいことも行われていたのではないかとも言われています

英語で satanic ritual abuse と言いますけど、悪魔儀式虐待が行われていた可能性があります

いわゆる悪魔に対して生贄を備えるように、幼い人間を拷問や虐待し、死に至らしめることもあったのではないかと言われるのです

政財界の大物たちの中には、そうした行為に参加する者がおり、一度参加すればスキャンダルとなるため抜けだせる事なく、組織の結束は秘密を共有する者同士で強固となります

ペドファイル・リングの魔の手はハリウッドにも進出しています

ハリウッドでも、役者を目指す未成年者が、プロデューサーや投資家らに性的虐待を受けたとする告発も相次いでいます

そのようにアメリカの暗部で、そうした犯罪が横行しており、トランプ大統領はこのアンタッチャブルだった所にまでメスを入れていっています

それはトランプ大統領が、今まで政治家ではなく、実業家から一気に大統領になったことだから出来たことでしょう

もうひとつあげるとすると、最近、元大統領補佐官だったマイケル・T・フリン氏が不起訴となった出来事があります

かつてロシア疑惑の中心人物と騒がれ、有罪だとされていた方が、一転して不起訴になったのです

フリン氏が政権発足前にロシア大使と対談し、制裁解除を話し合ったことが、政府関係者以外が他国と交渉することは違法とされた事件です

つまりトランプ大統領の誕生の背後には、ロシアがかかわっていたのではないかとする疑惑がかけられたのです

ですがフリン氏に対して、偽証を持ちかけるようなFBI捜査官の内部メモが見つかり、捜査の違法性が取り沙汰されるようになりました

また実際には、会談が行われた時には、すでに次期政権の補佐官に任命されていたため、実は合法的な会談だったとされています

同氏に対してはあらぬ罪を被せさせ、潰そうとした力が働いていたのではないかと思われます

ではどうしてフリン氏が狙われたのでしょうか

マイケル・フリン氏は、逮捕される前に息子と共にペドファイル・リングを調べていたと言われています

そしてフリン氏は、ヒラリー・クリントンと選挙責任者のジョン・ポデスタが悪魔崇拝的な儀式で人の血液と体液を飲んでいたと述べたと言われています

その後に同氏がロシア疑惑をかけられて、政権から離れたことは、はたして偶然の出来事であったのかどうかはわかりません

フリン氏について、トランプ大統領は、疑惑が晴れたのでまた政権に復帰させる意向があるようです

もしもフリン氏が政権に戻ったなら、ペドファイル・リングの真相がさらに進んで行くことを望みます

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

関連記事



5 件のコメント:

  1. ありがとうございます。
    闇が深いですね。
    トランプ大統領に感謝です。
    トランプ大統領を大統領に選んでくださったアメリカ国民に感謝です。
    トランプ大統領を遣わされた神様に感謝です。
    ありがとうございます。
    日本にも偉大な指導者が現れますように…。
    偉大な指導者に気づけますように……。

    返信削除
  2. トランプ大統領のフアンです。選挙戦の頃から全く政策がぶれていない。マスメディアに一歩もひかない譲らない。庶民にわかる言葉で納得のいく表現をする。体力が超人的で毎日働いているのが手にとるようにわかる。誇り高く、理想をもち、かつ現実的なかけひきに強いなどが理由です。対中政策も一貫しており、選挙中に史上最大のどろぼうと呼んでからずっとどろぼう扱いです。今年2月の一般教書演説でも、中国がアメリカの知的財産や職を盗むのをもう許さないと言明しました。ところが、そのころ5%まで下がっていた失業率が今はコロナで15%になり、何千万人も失業してしまいました。メイドインチャイナだかボーンインチャイナだか知りませんが、武漢のウイルスで職を失ったアメリカ人の怒りは想像を絶するものです。どういう結果になるか注視しましょう。

    返信削除
  3. アメリカの政財界にそんな悪が潜んでいるなんて…。
    驚きと悲しみでいっぱいです。許せません。そのような行為、とても人がすることとは思えません。武漢肺炎のこともそうですが、トランプ大統領がいなければ世界はどうなっていたのでしょうか。トランプ大統領をこれからも応援します。教えていただき、ありがとうございます。

    返信削除
  4. 欧州に一時滞在して居ました。これは日本人の理解を超えると思いますが、宗教観の問題で、実際に欧米には悪魔崇拝教があるのです。広義のキリスト教の一部ですから。そしてそれは庶民の信仰ではなくスーパーセレブだけが許される(と自分達が思っている)信仰です。いかに日本人という存在が素晴らしい事か再確認する事件です。

    返信削除
  5. 日本人の中にも、こういう人たちはいるのでしょうか?

    返信削除