2019年9月25日水曜日

中国の正体!ウイグルで行われている弾圧

東トルキスタン(ウイグル)ではいま残酷な弾圧が行われており、かつてのナチスによるユダヤ人虐殺に通じる行為がされいます

日本のマスメディアではほとんど取り上げられることも無く、多くの日本人がその真実を知らずに過ごしています

清水ともみさんという漫画家さんが、ウイグルで起こっている事を漫画にして紹介されていますので、まずは紹介したいと思います

















作者、清水ともみさんのTwitterはこちら→https://twitter.com/swim_shu

noteの記事はこちらです→https://note.mu/tomomishimizu/n/nfd4c33d0fcdf


ウイグルで起こっている事は、日本にとっても対岸の火事ではありません

中国はウイグルを侵略し、民族に対する拷問や虐殺を行っています

強制収容所に入れられたウイグル人の中には、臓器移植のための臓器を取り出される者もいるといわれます

これだけの人権侵害が今現在、地球で行われている事を、私たちは知っておかなくてはなりません

このまま中国の暴走を放置しておけば、やがて香港や台湾、沖縄から日本本土へと続いていく悲劇なのです

すでにチベットはその悲劇を経験し、いままたウイグル人の身に悲劇は起こっています

東トルキスタン人(ウイグル人)についてはいずれまた書きますが、少しだけ惨状を紹介します

ウイグルの若い女性は数十万規模で中国の内地に強制移住させられ、彼女らは廉価な労働力として奴隷のように酷使されるか、あるいは性奴隷として売春を強要されるといわれます

ウイグル人女性は同族の者と結婚できず、漢民族と強制結婚を迫られます

またウイグルの子供たちは、幼いころから親から引き離され、中共の洗脳教育を受けさせられています

中国による地表での核実験もウイグル地区でなされており、多くのウイグル人が被ばくしていますが、その実態が公表されることはありません

日本は中国の国家主席を来年は国賓として招く予定だそうです

現在の中国共産党は、将来、第二のナチスという評価を受けるでしょう

ヒトラーに相当する人物を、歓迎して招いている愚は、情けないと言わざるを得ません

他人事と思わず、放っておけばいずれ日本にも訪れる悲劇として考えてください

私たちの子供や孫たちが、そうした悲劇に見舞われないことを願います

3 件のコメント:

  1. 拷問 虐殺 生きたままでの臓器摘出 等々

    そういう方を日本の国賓として『お・も・て・な・し』について、…怒りを通り越して悲しくなってしまいます…。

    何故、国賓待遇なんですか?
    親中派の公明党さんの意向ですか?

    中国共産党の顔色を伺いながら日本の政治をしている公明党さんって、なんなのですか?
    本気で国民を守ろうと考えていない政党が連立政権でいるって、何かおかしくないですか?
    公明党さんに代わる、信頼おける他の政党って無いのですか?

    たくさんの???を連発してしまいごめんなさい…。

    未来に悲劇を呼び起こさない為にも、政治が良くなる事を本当に心から願います。同時に、国民として有権者としてボケてはいられないなぁと思います☆

    返信削除
  2. 恐ろしい現実を記して頂いた勇気に感謝します。それにしても日本のマスゴミは最低です。これを見た私は、微力でもこれを拡散し続けます。

    返信削除
  3. 色々考えさせられました。自分でも調べて見ようと思います。

    返信削除