2020年9月2日水曜日

安倍首相は偉大だったか愚鈍だったか


安倍首相が辞意を表明されて、在職期間最長を記録されて辞められることが決りました

安倍晋三総理については、評価が二分されることも多いかと思いますが、どちらも極端な評価が多いように思われます

安倍総理を絶賛する人もいますし、批判だらけの人もいます

どちらも偏り過ぎては真実が見えなくなるのではないかと思われます

否定ばかりする人も、無批判で称賛する人も、ともにコインの裏表であって、真実を見つめる立場からは離れてしまっているでしょう

そこで安倍首相についてなるべくフェアな視点から述べてみたいと思います

まず安倍首相の政治的な信念としては、憲法改正の悲願を成し遂げたかったと思います

これについては批判もあるでしょうが、独立国家としては、占領下で押し付けられた憲法を、自分たちの手で直そうとするのは票か出来る事だと思います

安倍首相は憲法改正の道筋は作ってきたと思いますが、最大の果実の改正実現までは至りませんでした

本気で改正するのであれば、三分の二の議席を取っている時にするべきだったと思います

2015年9月に安全保障関連法(安保法)を成立させ、集団的自衛権の行使を可能にすることなどが盛り込まれたことで、憲法改正までは至らなくてよいと考えたのかも知れません

安保法を成立させ、集団的自衛権を可能としたのは、アメリカとの同盟を強化して評価できるのですが、そこで止まってしまった面もあったと思います

本来であれば憲法改正まで持ち込む必要があったと思いますが、そこまでは至っていません

また安倍首相の功績としては外交を積極的に行ったことがあります

トランプ大統領とも非常に友好な関係を結べていると思います

ロシアのプーチン大統領とも会談を重ねています

ただ、プーチン氏とは三十回近く会談をしたと思いますが、北方領土問題など結果としては残せていない面があります

プーチン氏から平和条約の提言もありましたが、そちらも成果は出ていません

外交面でも頑張っておられますが、重要な結果が残せていない面は残念ではあります

そして安倍首相は経済政策で、アベノミクスと呼ばれるように一定の成果を出しています

政策としては、金融緩和、財政出動、成長戦略ですが、安倍首相になってから失業率は低下しましたし、株価も上がっています

金融緩和や、財政出動は私も民主党政権の頃から言っていたことでありますが、安倍政権は良い政策を取ったと思います

デフレ脱却までは出来ませんでしたが、経済的には評価できるものでした

ただ、残念な点は、消費税を増税した事です

二回、消費税増税しましたが、これによって上向きかけた景気の足を引っ張りました

金融緩和や財政出動など、アクセルを踏みながら、増税というブレーキを踏んでしまったのです

本来であれば、金融緩和、財政出動に、減税をしていれば、日本の景気はもっとよくなっていたでしょう

そう言う事で、経済政策ではよい所がありますが、間違いもありました

経済政策は二勝一敗のような感じでしょうか

そういうことで駆け足で安倍首相の功績を見てきましたが、トータルで見て、プラスの面が多かったと思います

大成功とまではいいませんが、歴代総理の中である程度の成果を出した一人ではあるでしょう

他の歴代総理がダメな人が多かったという面もありますが、よい面も多かったでしょう

憲法改正、日露平和条約締結し北方領土返還、消費税減税による景気上昇などをしてくれていれば申し分ありませんでしたが、そこまでは至っていません

あと一歩で偉大な総理になりかけた人、というのが私の率直な感想です

関連記事



4 件のコメント:

  1. 偏らずとてもわかりやすい。

    返信削除
  2. あと一歩、何か足りなかったのか?
    知りたいです。

    返信削除
  3. 先日のあるテレビ番組で、橋本五郎さんが憲法改正がなぜ出来なかったのかご自身の考察を述べておられました。それは、自民党内にも連立政権の中にも改憲に反対している勢力があり、無理に通すと内部分裂を起こす可能性があったからではないか?みたいな事をおっしゃってました。確かに、ですよね。公明党と連立を組んで無ければ…、とか色々考えてしまいます。次は是非解消した方が良いですね。
    あと、政治は綺麗事や人気取りばかりでは無く、清濁合わせて飲み込まなくてはならない事があると思います。安倍さんは根っからの政治家だと思います。麻生さんとかも。
    やっぱ、野党では絶対に無理だと思う。

    返信削除
  4. 手放しで絶賛するつもりはありませんが、媚中親韓派が日本を蝕んでいる中、日本の為に尽力して下さった強く立派な方だったと思います。
    どんなにサゲようと、各国首脳のツイートが物語ってますね。
    安倍さんを応援する人は、日本の国益を守る大我から、反安倍派は、個人の利益を守る小我や隣国の為に動いているように感じました。

    返信削除