2020年9月1日火曜日

自民党総裁選挙の行方と日本の未来


自民党の総務会では、安倍首相の辞任される意向を受けて、新しい総裁を選ぶ方法として党員投票をやらない形で、両院議員総会で投開票を行うということです



理由としては全国の党員をすると時間がかかるため、両院で決めてしまう方が政治的な空白も無くてよいとするものです

二階幹事長らの執行部が押し切った形で決めています

これには地方で人気が高い石破茂氏を選出させないようにする狙いがあるのでしょう

若手議員らの中には、党員投票をすべきだという意見もありましたが、二階らの意見を覆すには至っていません

今回は石破氏と岸田氏が立候補に名乗りを上げていますが、明日にも菅官房長官が出馬を表明する予定となっているようですので、菅さんになる流れになっています

もともとは安倍総理は岸田さんに譲りたかったようですが、リーダーシップの無さや、人気の無さなどから、難しいと考え、菅氏を推す事にしたようです

菅さんはご自身が野心を表に出すタイプではなく、忠誠心の熱いイエスマンタイプの方ですので、安心できる人材として推されているのでしょう

ただ、本当に日本のリーダーとして相応しいと思って選ばれた方なのではないように思います

自民党内の力関係など、内部的な理由で選ばれている面があるでしょう

これまでの安倍政権を踏襲して継続するという面はあるとは思いますが、ご本人にトップになったら日本をどうすべきだという明確なビジョンをお持ちなのか疑問はあります

とりあえず今回は一年間のつなぎとして選ばれたのかも知れませんが、どうなのでしょう

石破茂氏になるよりはましだという意見もあるかとは思いますが、消去法で選ばれた感はします

こちらのアンケートでは首相に相応しい人物として麻生さんに次いで第四位に選ばれていましたのでそこそこの人気はあるのでしょう

イエスマンは、トップの顔色をうかがって、忖度する能力は高いのですが、自分の頭で考えたり、行動する勇気を持たない面があります

そのため周りから言われて後手後手に物事を進めやすい所があるでしょう

ワンマン社長などは周りにイエスマンを囲みやすいですが、本人がいなくなると会社は何処に進めばいいか分からなくなり、混乱してしまう事があります

菅氏が選ばれた場合に、そうした事が無いよう、しっかりと日本を正しい方向に導いていただきたいと願います

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

関連記事


2 件のコメント:

  1. 岸田さんの事は皆さん(議員の方々)「良い人」とおっしゃるのですから、本当に良い人なんだと思います。故に、ちょっぴり今の状況が可哀想な感じがします。どうしてそんなに総理になりたいのかなぁ〜。
    自民党員が多数石破を押してるとかマスコミでは言ってますが、その党員って本当に日本人だけですか?中にはなりすましがいるかもね。石破を総理大臣にして内側から日本を崩壊させたいと思ってる人々。工作員ってやりそう。
    菅さんは多分来年までって認識されてるのでは?

    返信削除
  2. 確かに洪さんの言われるとうりかもしれません。昔の鈴木善幸さん、小渕恵三さん、二人とも番頭さんでしたが、方向性のはっきりしない総理でした。菅さんが本命の今、一抹の不安があります。担ぐ神輿は軽いほうがいいといいますが、2Fが推したので、中韓に媚びることなく、やってもらいたいものです。

    返信削除