2019年11月22日金曜日

破滅へ向かう韓国、引きずられる日本

GSOMIA『日韓軍事情報包括保護協定』が今日いっぱいで失効することとなります

韓国の文大統領が日韓関係の悪化を理由に、一方的に破棄を宣言したもので、このまま何もせずにいると、夜12時を回った時点で失効いたします



GSOMIAというのは、軍事情報をお互いに共有するというもので、たとえば北朝鮮がミサイル発射する情報などを、日米韓で互いに共有していたわけです

これをやめるという事は、米韓同盟にも傷を入れる事となり、北朝鮮や中国の喜ぶところとなります

そのためアメリカも強く文政権に継続するように訴えているのですが、もう時間が差し迫っています

このままGSOMIAを破棄することとなれば、韓国は日米の西側自由主義陣営から離れて、北朝鮮や中国などの共産圏に入っていく事を意味します

いま韓国には北朝鮮の南下を防ぐためにも、アメリカ軍が駐留していますが、GSOMIAを破棄となれば、アメリカは撤退も視野にいれるでしょう

韓国の文政権としてはアメリカを追い出して、中国の参加に入ろうという目論見があるでしょう

アメリカ頼りではなく、中国に頼っていきたいと考えています

今回の件は韓国内的には、日本が悪いため破棄したという事にして、日本のせいにして支持をえようとしているでしょう

しかし韓国の選択は自滅への道に通じています

たよるべき中国は、香港問題などで昨日も米国上院で法案が通った話をしましたが、これから世界的に対中包囲網は厳しくなっていくでしょう

香港の国際金融市場の働きが失われれば、中国も経済的な破滅が待っています

いま中国に頼ろうとするのは、泥船に乗り込もうとするようなものでしょう

日本もその泥船に乗りかかろうとしているように見えますが・・・

そしてアメリカも黙ってはいないはずです

おそらくは経済的に韓国を懲罰するような動きをするでしょう

韓国経済も中国の依存度が増えたとはいえ、アメリカを抜きにしては成り立たないでしょう

韓国の輸出額は2018年度、中国向けが1,621億ドル、アメリカへは784億ドルとなっています

韓国輸出は中国への輸出がアメリカへの輸出の二倍近くなっています

それで中国へ傾いていこうとしているのでしょうが、しかし韓国経済は日本やアメリカからの部品調達によって、自国で組み立てて輸出する構造になっていますので、日米が離れたら経済がたちかなくなります

韓国の大手企業は多くが外資が資本を出しています

もしもアメリカなどからの示唆があって外資が引き上げるような事があったら、途端に韓国経済は奈落の底に落ちるでしょう

韓国はそうした破滅への道を進んでいるといえます

韓国が北朝鮮や中国などの共産圏に入っていったら、いまの韓国と北朝鮮の軍事境界線である38度線が、日本側に降りてくる事を意味します

日本の安全保障上も危機が高まることを意味します

今までは韓国があることでワンクッションあるような状況でしたが、それが直接の脅威が高まってくるといえるでしょう

そのように日本の安全問題にも大きく影響が出てくる事態となります

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

2 件のコメント:

  1. 同じ民族として韓国は北朝鮮と一緒になることを望んでいるようですし、そうすべきだと思います。GSOMIA破棄も止むを得ません。

    返信削除
  2. 遠い昔に、「三韓征伐」って、あったようだけど、現在の日本国内の乱れも、朝鮮半島の乱れが原因だとしたら…。
    朝鮮半島に、希望の光をもたらす英雄が出て来てまとめてくれるのがいちばんいいんだけど…。
    どうか、朝鮮半島に光をもたらす人が現れますように………。

    返信削除