2020年3月1日日曜日

中国が武漢肺炎の責任を日本になすり付けてようとしている


中国で武漢肺炎=新型コロナウイルスの対策に当たっていて、いまや英雄扱いをされている鍾南山医師が「発生源は必ずしも中国とは限らない」という発言をして話題となっています



つまり今回の新型コロナウイルスは、中国で広まったが、海外から感染源が入ってきた可能性もあると述べているのです

いまの中国でもっとも信用されている医師の発言は、中国で話題となり、「それではどこから来たのか?」とまるで新犯人捜しのような話題となっています

鍾南山医師は、明確にどこから入ってきたかなどは発言していないものの、海外でも感染が広まっており、今後は海外から入ってくる可能性があると指摘しています

その海外についても固有名詞はあげていませんが、韓国や日本を念頭に置いているのは間違いないでしょう

おそらくは中国当局は、今後、武漢肺炎の発生源や感染拡大の責任を、韓国や日本になすり付けてくる可能性があると思います

日本からの渡航者を隔離すべきという意見が中国でありますが、これも感染を広げているのは中国ではなく、日本や韓国なのだという印象操作をしたいがために言い出しているのでしょう

ですが実態は、中国では感染の広まりはいまだに終息を見せていないはずです

公表の数値は虚飾されたもので、実際には各地に感染が広まっています

それらの感染拡大を隠ぺいし、世界に広めておいて、その責任を日本などに押し付けようとしているのが見て取れます

先日は、中国から日本へ、コロナウイルス対策のために、医療物資の提供があったと報告がありました

これは、いま中国よりも日本が感染の温床になっているとの、印象操作のために行われているでしょう

残念ながら、善意でされているわけではありません

このように武漢肺炎の感染拡大の責任を、中国は日本などになすり付けようとしているのが見て取れます

中国当局は、WHOも手なずけて、実態の悲惨な感染者数を伏せ(おそらくはすでに百万人近くに達しているでしょう)、中国は封じ込めに成功しているとの印象を与えようとしています

中国は発生当初に警告した医者らを逮捕して、実態を隠ぺいすることで感染者を増大させ、さらに海外までまき散らしてしまいました

おそらくは当ブログでも早くから述べましたように、実際には中国の武漢にある研究所で開発していた生物兵器ウイルスの漏洩によるものでしょう

自分たちの生物兵器の漏洩によって、世界にウイルスを蔓延させ、多くの人を苦しめせてしまっているにもかかわらず、その責任を他になすり付けようとしています

その一方で、日本は中国に忖度し、いまだに中国全土からの渡航を制限せず、日本中にウイルスを撒きちらし続けています

もしこれが別な国ならば、暴動が起きている事でしょう

学校の一斉休校もいいですが、その前にやるべきことがあるのではないでしょうか?

残念ながら、今後も、中国によって日本が悪者に仕立て上げられる歴史は続いていくようです

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

関連記事



9 件のコメント:

  1. 二階氏
    だれか中国よりのこの自民党重鎮とめてくれ。
    こいつが中国全土からの入国禁止を妨げてる

    返信削除
  2. 日本政府は中国に弱みでも握られてるのですか?なぜ日本政府は、中国全ての地域の日本との行き来を禁止にしないのか謎です…。思考が理解できません。政治に興味がない人でも、さすがに日本政府の中国に対する行動に不信感が出てきてるのも事実です。
    今更ですが、今からでも直ちに、中国全地域との行き来を禁止にしてもらいたいです!

    返信削除
  3. メディアも日本が海外からどう見られてるかをいい加減報道しないと、トイレットペーパーが買えないどころの状況じゃなくなりますよ。
    新型肺炎発覚当時、日本からマスクを何枚も中国に送って、挙げ句自国でマスクが買えなくなって、お人好しも過ぎるとただの馬鹿だと思います。

    返信削除
  4. もし本当に日本に責任転嫁しようものなら、盗人猛々しい。こんな時でも領海侵犯する国です。
    日本は性善説で動かず、騙されないで欲しい。

    習首席の訪日も延期になり、壁もなくなったから、そろそろ中国全土からの入国禁止令が出るのでは?と希望的観測です。

    返信削除
  5. 先程、NHKのニュースで言っていましたが、最近中国国内では当局を批判するネットで増えてきてるそうです
    それはどこの国でもあることですが、この国はその書き込みをした者を取り締まり重罪を課すそうです。やはりです。先生のスピリチュアルブログでも書いてありましたが悪者は日本等と不満を外に向けるようですね。共産国のよくやることですが、これでもこの国と日本は付き合うのかと???です。

    返信削除
  6. 自民党の二階さんという人は、日本が中国の属国になるのを心から望んでいるようですね。
    安倍さんも長い任期の間にすっかり国民をなめきった総理になってしまいました。
    国民の安全よりも中国への忖度を重要視している自民党、今回の事ですっかり化けの皮がはがれてしまった感があります。
    本当に失望しました。

    返信削除
    返信
    1. 二階さんは置いといて、安倍さんだからこのくらいですんでいるのです。
      野党だったら、中韓への忖度はこの比ではありませんよ。あの政権時代をお忘れか?

      削除
    2. もちろん、中韓に心酔している野党に肩入れするつもりは毛頭ないのですが、唯一まだましと思っていた自民党がこの体たらくで、がっかりしているところです。
      安倍さんには勇気を持って中国人の入国拒否を断行して欲しかった。
      でも彼も党内のしがらみや自身の保身の為に、国民に犠牲を強いることを当たり前と考える総理になってしまった気がします。

      削除
  7. 個人的にも同じような状況になることがよくありました。
    こういう人達を改心させようと頑張ってきましたが、難しいと知りました。

    毅然とした態度で突っぱねることですね。
    すると、彼らは別のターゲットをみつけます。
    そして、同じことを繰り返すでしょう。

    そのうち誰も相手にしなくなるので、そこでやっとわかるのではないでしょうか?

    返信削除