2020年3月19日木曜日

韓国、イタリア、次にデフォルトする国はどこか


新型コロナのパンデミックによって、世界同時株安が進行しています



NYダウも2万ドルを割り込んでいますし、日経平均株価も現時点で16千円台半ばまで落ちています

こうした中で、金融危機がさらに到来してくる可能性が高いと思われます

すでにレバノンは3月9日にデフォルトしています

3月9日に償還期限をむかえた12億ドル(約1260億円)の外貨建て国債の支払いができませんでした

レバノンは中東に位置する国で、イスラエルの北にあり、先日、ゴーン被告が逃れた先でもあります

そしてさらに、新型コロナの感染が広まる韓国やイタリアなども、危機が迫っています

韓国のウォンは、対ドルで現時点で1,284ウォンまで下落しています

これはかなりの危険水域にあると言えるでしょう

ウォンは通貨の信用が低いため、ここまで下がると、後は一気に急落してしまう可能性があります

こうした危機を回避するために、日韓通貨スワップの協定を日本と韓国で結んでいたのですが、韓国側の反日姿勢もあり、2015年に終了して再開していません

米韓通貨スワップも、すでに2010年に終了していますので、韓国は危機に瀕しているのです

これは韓国が日米から距離を取り、親中、親北の政策を取ってきたからで、自ら招いた危機だとも言えます

ここは恥を忍んで日本に謝って助けてもらうのがいいですが、おそらくしないでしょうから、アメリカに泣きついていくかもしれません

韓国はさらに韓国総合株価指数の KOSPIが現時点で1,487まで落ちています

大暴落と言っていいでしょう

韓国は通貨危機だけではなく、実体経済も危機に瀕し、株価が暴落しています

今回のコロナウイルスによって、韓国は通貨危機や経済崩壊の危機を迎えそうな状況です

そして韓国と同じく、親中路線に進んでいた国で、感染の拡大が続くイタリアがあります

イタリアは現時点で感染者数が35713人、死者が2978人にものぼります

大変な危機的状況に見舞われています

イタリアは債務残高も高い国で、GDP比で2019年度で133%もあります

先進七カ国中で日本に次いで高い国です

ちなみに日本は237%以上となり非常に高いのですが、日本の場合は自国通貨の円で借金をしているため、払えなくなることがないのでイタリアなどの国とは比較できません

イタリアはEUに加盟しており、ユーロで借金をしていますので、借金を返せなくなるという危機があります

イタリアの10年国債を見ると、現時点で年利回りが2.495%と高騰しています

ちなみに同じく日本の10年国債は、わずか0.05%です

他に、ギリシャ10年国債は3.844%、ハンガリー10年国債3.390%と現時点でなっており、いずれも急騰していて金融危機の恐れが高まっています

イタリアの国債の利回り高騰(=価格下落)は市場がイタリアは財政危機の陥り、デフォルトするのではないかという危機を織り込んできているのでしょう

感染が長期化すれば、ただでさえ調子の悪いイタリア経済に大打撃を与え、デフォルトの危機が高まります

これから世界的に金融危機が訪れる事を覚悟しておく必要があります

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

関連記事


1 件のコメント:

  1. いよいよ来た。人間のエゴや自己中心性がまかり通る現在の通貨や社会制度が遂に終わりを迎えつつある。
    一部の人間が都合のいいように操作したり改竄したりできるシステムというのは、やはりいつかは克服していかなければならない。
    偶然にも、リーマンショックと時をほぼ同じくしてこれら問題点を(少なくとも理論的には)克服したブロックチェーンテクノロジーが世に放たれた。今はまだ未完全だが必ずや新世界をかたち造る中心的立場に立つであろう。
    そのような世界を知れば知るほど、一人ひとりの(なにものにも依存せずかつ利他的な一個人としての)自律と覚悟が問われているように感じる。

    返信削除