2020年9月11日金曜日

日本でも食糧危機が深刻化


当ブログでは中国の食糧危機について以前より取り上げています



疫病や干ばつ、洪水、バッタ、アフリカ豚コレラの被害で深刻化しているという事ですね

先日も台風8号、9号、10号と立て続けに朝鮮半島と、中国東北部を襲っています

中国でも被害が出ているでしょうが、北朝鮮でも深刻な食糧危機が発生しているものと思います

そしてバッタも雲南省で大発生しており、被害は拡大しています

さらに山東省で「コムギ株腐病」という小麦の病気が蔓延してきており、被害が拡大しています

いったいどれだけ災害が連発するんだというくらい今の中国に災いが降りかかっています

天が中国共産党を滅ぼそうとしているようですね

中国以外にも、コロナは世界に広がっていますし、サバクトビバッタの被害も国境を越えて広まっています

そして世界や中国だけではなくて、その余波は日本にも及んできていると思われます

以前から予想していましたが、西日本でウンカの大発生が見られます

ウンカというのは小さなセミのような昆虫で、梅雨時に中国大陸から気流に乗って日本にやって来ています

このウンカは稲の株もとについて液を吸って、枯らすような被害を出します

未だにテレビなどでは報道されませんが、西日本ではこの被害が深刻になっていると思われます

特に九州では台風が来て稲が弱っている所に、ウンカの被害が出ていますので相当深刻化しているはずです

福岡の方では、ウンカだけでなくジャンボタニシの食害もあると言われます

ウンカの被害が深刻になれば、それだけ農薬を大量に散布しなければなりませんので、経費も余計かかりますし、また市場に出るお米にも農薬をたくさん使ったものが流れることになります

日本でも害虫の被害が拡大することを予言していましたが、現実化してきているように思います

こうした被害のために、このままではコメ不足も懸念されます

日本人の主食であるお米が不足すれば、国民の不安は大きなものとなるでしょう

前から警告していますように、中国でもお米不足になるはずですので、日本の美味しいお米を中国の共産党幹部などのお金持ちが買い占めに走るかも知れません

そうすると益々お米の流通に問題を生じ、パニックを引き起こす可能性が出てきます

お米の品不足が起これば、マスクの時の騒動では済まなくなります

政府は安定のために輸出制限や、買い占め規制などに乗り出さなければならないでしょう

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

関連記事


0 件のコメント:

コメントを投稿