2020年10月10日土曜日

バイデンが当選すれば中国が世界の覇権国家となる


バイデンが中国の傀儡であることが分かるドキュメンタリー映画の日本語字幕版です


トランプ大統領が再選すると楽観視する向きもありますが、情勢としては厳しい状況でしょう

アメリカのメディアも左寄りが多いため、アンケートでは民主党有利が多いですが、それを差し引いてもやはり現状はバイデン候補が有利に進んでいるようです

バイデン氏がアメリカの大統領となれば、中国が世界の覇権を握る時代が訪れる可能性が高くなります

中国国内では問題も発生していますが、アメリカ等からの圧力が減っていったなら、また復活してきて世界を脅かす存在になってくるでしょう

トランプ大統領が四年前と同様の奇跡の逆転劇を見せてくれることを願います

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

関連記事


3 件のコメント:

  1. アメリカのマスゴミも自分達に都合の良いように世論を誘導する。このままバイデンが大統領になり、中国が世界を牛耳る様になり、世界の人々が共産党から搾取され管理され、奴隷化していると気付いた時はもう後戻りが出来ない状況に陥っているでしょう。その時、マスゴミは自分達のおかした罪を絶対に認めず、知らぬ存ぜぬを決め込む。騙された国民が悪いのです。
    マスゴミは悪の手先。このまま悪が蔓延って小さき善なる者達を家畜のごとき扱うならば、地球は今一度滅びるしかない。

    返信削除
  2. 読んでいて、暗く悲しい気持ちになりました。
    ウィグルや台湾など、人権弾圧をする国が覇権を取ったら世界の終わりです。
    国際機関・資金提供を受けている国々・メディアも牛耳られている今、正義は通用しないのでしょうか?
    アメリカの良識に期待しますが、日本もバイデン氏になった場合の対策もきちんと準備していてほしい。日本はいつも後手後手すぎてイライラします。

    返信削除
  3. バイデン氏が当選すれば中国にとって都合が良いと過去に習近平が発言していましたので不思議ではないです。

    トランプ大統領には頑張って頂かないと世界が無茶苦茶になってしまいますね。

    返信削除