2020年1月8日水曜日

イランの報復攻撃と日本の役割


今朝イランからイラク内の米軍基地に向けて攻撃があり、十数発のミサイルが撃ち込まれた模様です

これは米軍がイラン革命防衛隊コッズ部隊のカセム・スレイマニ司令官を殺害した事による報復攻撃です

イランの革命防衛隊は8日に、スレイマニ司令官を殺害したことへの報復として、米軍のアサド空軍基地にミサイル攻撃を行ったとの声明を発表しています

さらに米国が反撃した場合は、中東の米同盟国も標的にするとけん制しています

声明では作戦名を「殉教者スレイマニ」としています

アメリカのトランプ大統領は、攻撃のあった後にTwitterを更新し、以下のように述べています



日本語で訳せば「すべては順調だ!ミサイルは、イラクにある2つの軍事基地に向けてイランから発射された。現在死傷者と損害の把握をしている。ここまでは順調だ!我々は世界で最も強力で装備の整った軍隊がある。明日の朝に声明を発表する。」

この攻撃を受けて、トランプ大統領はテレビ演説を行うのではないかと推測されていましたが、今日の演説は無いとのことです

はたしてこれで終わるのか、それともアメリカがさらなる報復に出るかが注目されています

イランのジャヴァド・ザリフ外相はツイッターで、「イランは国連憲章第51条にのっとり、相応の手段で自衛権を行使した。」と書いて攻撃を正当性を訴えた上で、「我々はエスカレーションや戦争を望んでいないが、あらゆる攻撃に対して自衛する」と述べています

イラン側としては、これ以上報復合戦が行われず、アメリカが自重する事を望んでいるのでしょう

イラン当局としては、国民の反米感情と報復を求める気持ちに答えなければならず、今回の攻撃を実行しましたが、さらなる拡大は望んでいないはずです

はたしてトランプ大統領はさらなる報復攻撃をするでしょうか

今までのトランプ大統領の動きでは、アメリカ人に人的被害が無い場合には、攻撃を自重する事が多かったと思います

今回もこの攻撃による被害で、死傷者が出ていなければ、攻撃を自重可能性があります

しかし、亡くなられた方が出た場合には、何らかの報復攻撃を米軍が行う可能性が高まるでしょう

初期に死傷者が出たという情報もありましたが、どうも間違いのような感じです、今のところ被害の把握に動いているとのことです

人的被害が出ずにこのまま収束していくことを願っています

アメリカとイランは対立を深めていますが、お互いに戦争はしたくないはずです

どこかで折り合う所を模索しているでしょう

適切な時期に日本などが橋渡しをして、トランプ大統領とロウハニ大統領の会談を漕ぎ着けるなりしていただきたいと思います

日露戦争ではアメリカが間に立って戦争を終わらせたように、イランとアメリカの間に立って、争いを終わらせられるのは日本です

イランもそれを望んでいるからロウハニ大統領が先月も訪日されたのでしょう

日本は和解のための役割を演じられる国です

どうかこの機会に何とか両者の和解に向けて努力されることを願います

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

2 件のコメント:

  1. ありがとうございます。
    イランとアメリカの間に立つ人は今現在の政治家にはいないような気がします。
    でもやっぱり、政治家の仕事ですよね?
    どうか彗星のごとく、愛ある勇気ある人が現れますように……。🌠

    返信削除
  2. 「日本は和解のための役割を演じられる国です」に涙が出ました。
    日本を信じます🇯🇵✨

    返信削除