2020年3月5日木曜日

脱グローバリズムが進むべき道


今回の武漢肺炎の世界的な感染拡大を見ても、グローバリズムの問題が露呈されています



グローバリズムとは、国境の壁を低くしていき、地球を一つの共同体としてとらえる考え方です

一見すると大変理想的で、素晴らしいもののように見えますが、実際には様々な問題を含んでいます

今回の新型ウイルスによる世界への感染拡大を見ても、国境の壁を低くしてしまったがために、世界中に感染が急速に広まってしまっていると言えるでしょう

自由に人々が国をまたいで行き来できるようになるのは便利ですが、一旦、感染症などが広まると、それを抑えるのが難しくなります

それは人間への病気だけでなく、家畜への伝染病や、害虫の侵略もあって、人の往来が激しくなった分、いままで地域病であったものや、ある国にいる病害虫が、世界に拡散していく問題が生まれています

以前に日本でも、毒性のあるヒアリが上陸したとして話題になりましたが、ヒトとモノの往来が激しくなることで、様々な侵略が日本に迫っています

いま世界は、様々な分業が進み、ひとつの製品を作るにも、いくつもの国が関係して生産されています

グローバル化が進むことで、日本などでも産業が空洞化して、賃金の安い中国などに工場が移転していきました

それによって日本はデフレ不況が続き、ずっと調子のよくない時期が続いています

グローバリズムによって、日本などの先進国の富が、発展途上国などに流出する問題が出ているのです

これは途上国を救済する目的で、先進国が発展のために手助けすることはよいことだと思いますが、ただ、豊かな国の富を、貧しい国に流すシステムであるならば、それは隠れた共産主義といえるものです

以前にも指摘した事がありますが、グローバリズムとは、隠された世界共産主義化に他なりません

共産主義では、豊かな者の富を、貧しいものに平等に分配する事を掲げています

グローバリズムも、その進む先には、豊かな先進国の富を、貧しい途上国に流していくという結果になっていきます

そうすると、豊かな国が衰退していき、世界は次第に、貧しい国だらけになっていくでしょう

これに異を唱えたのが、アメリカのトランプ大統領でした

彼は国境の壁の必要性を訴え、自由貿易よりも、フェア(公平)な貿易が必要だと考えました

中国などが、自国通貨を意図的に低く抑えて、貿易で有利にしていたのは、フェアではないと訴えたのです

トランプ大統領の主張というのは、言ってみれば脱グローバリズム宣言であるといえます

今回の武漢肺炎の世界的な感染拡大は、いみじくもグローバリズムの問題点を浮き彫りにしました

日本もこれからのかじ取りは、自国での生産を高めて、なるべく地産地消していけるようにしていくべきです

昨日も食料の自給率について書きましたが、自衛のためにも、自分の国で生産をし、自分の国のものを買うように進めていくべきです

あまりに進んだグローバリズムは、様々な問題を引き起こしてしまいます

これからの日本は、脱グローバリズムの方向へと進んで行くべき時が来ています

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

関連記事


6 件のコメント:

  1. 今回のことで色々なことの膿出しがされて、良いように変わっていくことを切に望みます。
    国内の生産に関わる方々のご苦労や無念が、これから報われるといいなと思います。

    返信削除


  2. 偶然にも昨日グローバリズムと共産主義について考えていました。
    環境問題によるお金の流れも先進国から途上国に流れるという点で共産主義の形態と言われますね。そう考えると国連の活動の多くが共産主義も結びつきやすいのだな、と感じます。国連に共産主義者がそれなりにいることは事実かと思います。ただ、活動そのものは意義のあるものも多いわけで…。困っている人を助けるのは必要なことだけれども、共に発展するにはどうしたらいいのか…悩ましいです。

    経営者の短期的な利潤を追求していくとグローバリズムというのは効率が良いのでしょうが、国家という共同体として生きていくためには弊害が生じる。100年後あたりの未来はこの点において人間はどういう選択をしているのか気になります。

    返信削除
  3. 日本は、経済優先になりすぎました。そして税金もとりすぎました!企業がのびのびと活動できる環境が必要だと思います。そして働く人がイキイキとして、働く事ができると会社はさらに繁栄します!日本企業は協力しながら、発展していけばさらに飛躍できると思います!儲けるために、ではなく、人のために事業をおこしたり、人のために働く、と言う意識に変えれば、自然と会社は繁栄すると思います。これからは、人間の意識、モラルが1番に優先される時代に入ったと思います!まずは日本がお手本になれればと思いました!

    返信削除
  4. 安倍さん、海外で生産されてるものの一部の生産拠点を国内回帰へと後押しするらしいです。やっと、ですね。近平さんの訪日も延期と言う事で、コロナウィルス対策にもやっと本腰入れてきたのかな?遅きに失してますけど。
    これから暫く、経済は落ち込むでしょうが、どれ位の影響が出るのか想像がつきません。今水面下で起きてる事が顕在化した時、日本は、私達はどこまで耐えられるんでしょうか。コワイ。怖すぎる😧

    返信削除
  5. 脱グローバリズムとして、主席の訪日延期ではなく中止にして欲しいです。
    それで日本は変わる。

    返信削除
  6. 今のグローバリズムは、例えて言えば~、ボードゲームをやっているときに、隣でやっているボードゲームの駒をとって使うような、将棋を指しているときに、隣でやっている人の駒を取って使っているような感じで、「まったくゲームにならないよ~」ってな感じかな?
    日本の「ボードゲーム」と中国の「ボードゲーム」全然違うと思うし、各国それぞれ違うと思うから…。
    そもそも、労働価値下がりすぎじゃない?
    第一次産業とか、第二次産業とか、第三次、第四次、……、第一無くして第二も無く、第二無くして第三も無く、てな感じで、経済が発展したから、第一次、第二次は海外で…とか言ってたら基礎がなくなるんだから、その上に立つものも無くなるのではないのかな~?って思います。
    国内に第一次から第四次、いくつあるのかわからないけど、それぞれが大切でバランスよく保たれて、そのなかをお金がぐるんぐるんと回り回りしているとき、みんな豊かになれるのかな~って思います。

    返信削除