2020年9月14日月曜日

自民党総裁に菅義偉氏が選ばれました


安倍首相の後継を決める自民党総裁選が行われて、新総裁に菅義偉氏が選出されました



獲得票数は、1位菅氏377票、2位岸田氏89票、3位石破氏68票となっています

地方票では石破氏が有利ではないかと言われていましたが、結果的には菅氏89票、石破氏42票、岸田氏10票と、地方でも菅氏が大差で勝利しています

今後は16日の衆参議院本会議での首班指名を経て、第99代内閣総理大臣に就任し、菅内閣が成立する見込みです

菅氏については以前に述べましたので深くは書きませんが、いわゆる調整型の政治家と言われていて、彼がトップに立ってどのようなリーダーシップをとっていけるかが注目されます

基本的には安倍政権を踏襲する形で政権運営をする予定なので、そこでの安心感などもあって得票も高かったのでしょう

今回の選挙では菅陣営から岸田氏に票を分ける「施し票」があったとみられています

菅氏の勝利は確定ですので、二位をどちらにするかということで、石破氏を抑えて岸田氏を二位にするために票を分けたのでしょう

石破氏をつぶしに入っていると言えます

ただ、マスコミなどでは石破氏を国民に人気と持ち上げていましたが、ふたを開ければ地方票でも菅氏圧勝ですので、石破氏の人気の無さが浮き彫りとなった選挙となっています

菅氏は来年の総裁選までの一年のつなぎ政権と見られていますが、ここで人気が出れば来年の続投もありうるでしょう

地味なイメージに見られますが、意外と国民の人気を得られる人になるかも知れません

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

関連記事


6 件のコメント:

  1. 消費増税を口にしたのが気になる所ですが、減税と言う見方も。

    ■菅総理(仮)は、解散総選挙で消費税「減税」を謳うか?http://www.asyura2.com/20/senkyo275/msg/707.html

    返信削除
  2. 子どもたちには、すでに「令和おじさん」として知名度高いですよ。

    返信削除
  3. 岸田氏は地方票が非常に少なかったので少し気がかりではあるものの、とりあえずは最悪な選択を免れたので安心しました。

    管総裁に関しては年齢的なものもあり、来年の総裁選は出馬されるかどうかは分かりませんが、日本を正しい方向に導いける素晴らしい人物だと信じる他ありませんね。

    とりあえずは良かった‼︎

    返信削除
  4. 地味でいいです。
    日本のために愚直に取り組んで欲しいと思います。
    期待してます!

    返信削除
  5. マスコミの言っていたところから考えれば、なんだ石破人気なんて大したことないじゃないか。となるのかもしれませんが、数字だけを見れば3分の1に近い。
    石破つながりで党員になった反日勢力がかなりいるとみるべきでは?

    返信削除
    返信
    1. 菅さんには、是非とも脱中国への舵をとって頂かなければなりませんが、
      二階がまた、自民党幹事長の要職につきました。

      この税金泥棒の長老、引き続き中国との変なパイプを持たせないよう、しかと見張らねばなりませんね。

      菅総理!、あらゆる面で国内回帰の道筋を立てて頂きたいと願います。

      削除