2020年11月22日日曜日

選挙不正疑惑のドミニオン社、事務所を突然閉鎖する等不審な動きを見せています


米大統領選挙で投票機を運営するドミニオン社が、不正に関わっているのではないかという記事をこちらでも何度か取り上げています

本来トランプ氏に入るはずの票をバイデンに加えたり、トランプ氏の票を削除するなどの操作がなされていたのではないかという疑惑があります

選挙の不正集計が指摘されているドミニオン社が、ペンシルベニア州の公聴会に呼ばれて出席するはずだったのが、直前になって出席を取り消しています

公聴会で嘘の証言をすれば、日本の国会での証人喚問と同じように、偽証罪が問われますので、出席を拒否しているのではないかと思われます

これはどう考えても怪しいもので、本来であれば不正の疑惑をかけられているなら、堂々と出てきて無実を証しするべきものです

しかし、公聴会から逃げたとなれば、何か聞かれてはまずい、悪いことがあると思えます

ただの民間事業ならまだしも、民主主義の根幹にかかわる選挙を支える機械について、疑惑がもたれているなら洗いざらい述べて身の潔白を証明すべきでしょう

さらに疑いが深まる行為があって、ドミニオン社はカナダと米国本土に事務所を持っていますが、その両方が突然閉鎖したという情報が出ています

トランプ弁護団のシドニー・パウエル氏は20日のラジオ番組でのインタビューで明らかにしたことです

どう考えても不正の疑惑が持たれた途端に、何の説明もなく突然、事務所を閉鎖する等、疑わしいと言わざるをえません

ドミニオン社の行動を見ていれば、黒に限りなく近いグレーのように見えます

さらにドミニオン社のカナダ本部は、あのジョージ・ソロス氏の企業とオフィスを共有していたそうです

ジョージ・ソロスは投資家で、莫大な富を有する大富豪として有名ですが、左翼政治の支援者としても有名です

アメリカで言えば民主党が左派であり、それらを支援し、またソロスの洗脳で民主党は左傾化していったとも言われます

最近ではトランプを失墜させるために裏工作を行い、アンティファなども裏で支援していると言われる人物です

そんな人物と選挙の投票権を集計する機械を提供する会社が、同じところに事務所を構えていたというのも十分に怪しいものです

アメリカ大統領選挙の不正疑惑はますます濃くなっていくように感じられます

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

関連記事


2 件のコメント:

  1. 今回の大統領選で、世界の闇がいかに深く、深刻な状況なのか改めて気付かされました。結構ヤバいところまできてますよね。左翼にして金の亡者達。今回の犯罪に関わった者達は全て国家転覆罪で刑務所にぶち込んて欲しい。
    思えば、武漢ウィルスも民主党が絡んでいたのかもね…。何年も前から計画してた?
    今、トランプさん達は正義と民主主義の為に少ない人数で頑張ってる。何か力になりたい。
    それにしても、もしこの世にトランプさんがいなかったら、気付いた時は既に…と思うと、心底恐ろしいです。

    返信削除
  2. 相当な闇を感じていますが、明らかにしましょう!!
    照らせニッポン!!

    返信削除