2021年1月11日月曜日

進む言論統制と社会主義化


ローマ法王やナンシー・ペロシ議員、ビル・ゲイツ氏が逮捕された等いろんな情報が錯綜しています

また昨日も紹介したように緊急放送システムが使用されるという噂話もあります

一応こうした話は話半分に聞いていた方がいいと思います

多分違っているとは思いますが、こうした情報も出回っているという事ですね

それだけ米国が混乱している事を示しているのでしょう

いま自由主義社会においても情報の検閲が進んできています

多くの人が発言する者の中には間違った情報もあるでしょうが、それを一部の人間が検閲をかけて、自分たちの都合の悪い情報は陰謀論やフェイクだといって規制しだしたらおかしくなっていきます

世界中が社会主義化していって、中国や北朝鮮のように、情報の自由の無い社会に急速に向かっています

YouTubeなどでも伏字ばかりの動画になったり、肝心の事が言えないように統制がかけられてきています

先日も紹介したような政治系のYouTube動画も、いずれアカウントが停止されてくる恐れもあるでしょう

YouTubeも90日以内に3度アカウントが停止されたら削除されると言います

もうYouTubeでは不正選挙についてははっきりと言えなくなってきています

6日の議事堂へのトランプ大統領の支持者を装ったアンティファなどの襲撃により、不正選挙などは危険を煽る陰謀論として、社会から排除されていくでしょう

そして先日はトランプ大統領のTwitterも永久凍結されました

現役の大統領のアカウントが凍結されたのです

他にも保守系のアカウントが幾つも凍結されました

このように言論統制の進む社会へと私たちは向かっています

自由主義の国で暮らしていると思っていたら、テレビや新聞などのメディアも真実を伝えず、ネットを通じて情報を伝えようとしても、巨大IT企業によって言論封殺される事態となってきています

まさに世界全体が社会主義化し、ナチスや共産主義社会のように、言論の自由のない世界になろうとしています

危険な社会へと向かいつつありますが、その事を多くの人が知らずに進んでいます

その危険性に目覚めた人たちが出てこなければ、世界は闇に包まれてしまうでしょう

真実への覚醒こそ、闇をはらう光となります

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです

政治ランキング

関連記事


4 件のコメント:

  1. ユーチューバーの皆さんも、貴重な情報を出して下さり感謝ですが、あまり前のめりで不確かな情報をいかにも、って感じて広めない方が良いですよね。なんか「やっぱりな〜」となり、信用出来ないと思われてしまうからです。軽んじられ、言葉に重みがなくなってしまうから。
    しかし、Twitter社って何様?FBってどれ程のもの?これらは、あれば便利で暇潰しにはなるけど、無くても生きていくには全く問題無いし、今となっては利益より不利益の方がはるかに上回っている。これらの会社、無くなって良し!広告出してる企業はよ〜く考え方が良い。左翼を無駄に太らせている。GAFAとか、偉そうにしてるけど、結局人々からそっぽ向かれたら終わりですよ。人々を奴隷化して搾取して儲けようとしてもいずれ終焉を迎えるでしょう。

    返信削除
  2. ユーチューブを中心に確かに情報が錯綜していますよね。
    何を信じるのか。心に突き刺さったものが真実と思っていいと思います。
    今年は中国共産党の100周年を迎える祝いの年だとか。
    コロナをばら撒き、マスクを高値で売って、更に高品質なワクチンを
    共感してくれる国にだけ売って儲けるそうです。

    返信削除
  3. 大国のアメリカでもこのザマです。
    力のある親中議員がいる小さな日本は、ひとたまりもないでしょうね?言論封殺は決して他人事ではなくなると思います。

    それから、他国日本の拉致問題に、あんなに取り組んでくれた大統領はいなかったのに、日メディアはよくここまでトランプ大統領を叩けるね。
    こういうのを「恩を仇で返す」というんだよ。「日本人なら」わかるはずですが。メディアに良心はないのかい?恥ずかしいよ日本。

    返信削除
  4. アメリカに住んでいる中国人の友人が言っていました。「共産主義国家から逃げて自由の国に来たのにアメリカも共産主義国家になったしまった。」

    返信削除